洗顔 シミ取り

メラニンの生成を抑制するベーシックケアとしての洗顔

女性にとっては、誰もがお肌を綺麗に見せたいと思うのではないでしょうか。特に、肌が白く透明感あるお肌は女性にとっての大きな憧れです。美白を作るためにとても大切なのは、美容液などでの美白ケアをすることになります。

そして、美白ケアに必要な美容液などでの美容ケアをするうえでは、どれだけ、美白ケア用品が肌に浸透するかが大切になります。化粧水〜美容液に含まれる美白有効成分の浸透力を上げるためには、しっかりと肌のおよごれを落とすことが大切です。ここでは、美白ケアのために気を付けたい洗顔方法についてまとめてみました。

メラニンの生成を抑制するための洗顔ポイント

刺激を与えない

洗顔時には、刺激を与えないことが大切です。必用以上の、お肌への負担は、シミを増やしてしまう原因になりかねません。洗顔時には、しっかりと泡を立てて優しく洗う事が大切です。もっちりとした泡で洗顔をすることで、お肌をゴシゴシとこすらずとも、しっかりと汚れを落とすことができます。

美容成分配合の洗顔フォームを選ぶ

洗顔フォームの中には、美容成分配合の製品があります。シミやシワが気になりだした年齢肌には、洗顔フォームの成分にも気を使ってみることが大切です。そもそも、年齢肌を始め肌トラブルの根源である乾燥を守るためにヒアルロン酸やプラセンタなどの保湿成分配合製品を選ぶのがポイントとなります。また、ビタミン類等などの成分を補える製品を選ぶようにしましょう。

ぬるま湯で優しく洗顔をする

多くの方がご存知かと思いますが、やはり、お肌への刺激を与えないためには、ぬるま湯を使うのが一番です。熱過ぎず、冷たすぎない適温で洗顔をしましょう。温度の目安は、33〜36度程度になります。体温よりも少し冷たいくらいの温度で洗う事で、余計な皮脂を流さず、綺麗に不必要な汚れのみを落とすことができます。

洗顔前に蒸しタオルをする

洗顔前に、蒸しタオルで汚れを浮かせるのも賢い洗顔方法の一つです。温かい蒸しタオルをお肌の上において置くことで、洗顔では落ち切れなかった毛穴の奥の汚れなどが落ちやすくなります。
お肌のターンオーバーが乱れてしまう事で、黒ずみが解消されずにメラニンがそのまま残ってしまうので、時間に余裕があるときで結構ですので、基礎化粧品の前に、お肌の汚れを落とすようにするといいですね。

まとめ

メラニンの生成を抑制するためには、洗顔に気を付けるといいですね。洗顔は、スキンケアのベースとなるとても重要なポイントです。綺麗にメイクや皮脂汚れをオフしてあげることで、その後のスキンケア製品の浸透力が全く変わってきます。

やはり美白を保たせるせるためには、日頃からお肌へ刺激を与えないようにスキンケアをして、美容効果の高い洗顔フォームで汚れを落としていきましょう。お肌への負担はシミやくすみの原因にもなりますので、優しくお手入れをするように心がけると良いでしょう。