美白 洗顔料

毎日のインナーケアに!美白にいい食事まとめ


food-diet-salad

美白を作るためには、毎日のインナーケアが大切です。とくに食事に関しては大きな差がでてくるというのはご存知でしょうか。お肌に良いとされる栄養素をバランスよく摂取することで、美白を保つこともできますし、美白を目指すこともできるのです。日頃からの食生活では、食べるものを気を付けて、美白対策をしていきましょう。ここでは、美白にいい食事についてまとめてみましたので、ぜひ参考になさってください。

美白にいい食事

ビタミンC

多くの方がご存知かと思いますが、やはり美白の王様ともいえるのはビタミンCです。
ビタミンCは皆さんおなじみの栄養素でもありますが、しっかりと意識して摂取するように取り組むようにしましょう。ビタミンCは、酸化作用が強くたっぷり食べることで、お肌が健やかな状態になります。

ビタミンCを多く含むのは、柑橘系のフルーツやお野菜です。レモンやキウイフルーツ、イチゴ、オレンジなどのフルーツは美白効果を期待できます。また、リコピンも豊富に含むトマトはとても美容にいい食材と言われています。

ビタミンE

同じく抗酸化作用があり美白にいいのがビタミンEです。ビタミンCと共に摂取するためには、緑黄色野菜を意識して取り組みましょう。ビタミンEが豊富に含まれるのはアボカドですが、あまり多く摂取するとニキビなどの原因にもなりますので、アボカドは量を考えて摂取するように注意しましょう。他にも、オリーブオイルなどにも含まれているので、お野菜をいためて食べるのも効果的な方法となります。

ビタミンA

ビタミンAといえば、お肌のうるおいを保ってくれるとても大切な成分でもあります。新陳代謝を促す働きがあるので、お肌のターンオーバーを整えます。特に、ニンジンは、ビタミンAやβカロチンを多く含み抗酸化作用が期待できるので意識をして摂取することが大切です。ニンジンが苦手なな方は、摂取しやすいように果物などと一緒にジューサーなどでミックスすると飲みやすいです。

ビタミンB群

ビタミンB群は、女性にとってなくてはならない存在です。肌荒れやニキビを防ぎ、皮脂分泌を安定化します。

ミネラル

ミネラルはビタミンとともに摂りたい成分です。小ジワやシミを防ぎ、透明感のあるお肌を作りますので、積極的に取り入れていきまましょう。

大豆製品

大豆製品は、とても美容効果があります。豆乳、豆腐、納豆などは女性ホルモンをと整える役割もあります。美白効果が高いL-システイン、イソフラボンなどが含まれていて、お肌の調子が整い、透明感あふれる美しさが手に入れられるでしょう。

まとめ

このように毎日のインナーケアには、ビタミンを中心にミネラルを補うようにすると美白効果に期待できます。とくに大豆製品を意識して取り込むことで美白を作ります。ただし、何よりもバランスよく食べることが大切です。お野菜を中心に、肉や炭水化物もバランスよく取ることが一番でしょう。

 

美白洗顔メニュー