洗顔料 くすみ取り

美白の敵【肌のくすみ】の落とし方

顔の汚れや古い角質は、肌の透明感が失われます。そこで、肌がくすんできたと思ったら、早いうちにケアをすることが大切です。しかし、何も考えずに肌のくすみを落とそうとするとゴシゴシと肌をこする洗顔をしたりピーリングを取り入れたりしませんか。
くすみの原因をしっかり落とすためには正しい洗顔を取り入れることが一番です。ここでは、洗顔の時のチェックポイントについてご紹介します。

美白のための肌のくすみの落とし方

古い角質を落とす

古い角質が蓄積することで、肌のターンオーバー乱れます。ただでさえ、30代に入ると角質がたまりやすくなります。その為、古い角質を落とすスペシャルケアを定期的に取り入れましょう。まず、一つ目のスペシャルケアとして取り入れられるのが、洗顔前に行うピーリングケアになります。自宅でのピーリングケアには、週に1〜2回の頻度が一番です。

他にも、酵素洗顔剤を使用することで、穏やかに余分な角質を取り除く事ができます。
必用な皮膚や皮脂は残し、あくまでも余分な角質を優しく取り除くことが求められます。ピーリングでも酵素洗剤でもやり過ぎは禁物です。

弾力泡で洗う

お肌のくすみを落とすためには、しっかりと汚れを落とすことが大切です。普段何も考えずに洗顔をしていると、意外と汚れは残ったままになります。きちんと汚れを落とすためには、しっかりと泡立てて汚れを落とすことがポイントです。元々泡立ちがいい洗剤を選ぶことで、肌の汚れを少しでも綺麗に落とすことができます。また、泡立てネットを使って落とすだけでも、随分肌のクスミ対策になります。

しっかりとすすぐ

洗顔をキチンと行えても、すすぎが不十分では意味がありません。洗顔料や落とした汚れをキチンと洗い流す必要があります。すすぎは、念入りに最低でも20回は行います。ばしゃばしゃと顔に掛けるようにして、きちんと落とし残しを防ぎます。

ぬるま湯で洗う

洗顔は、熱くなく、冷たくない温度が一番です。冷たいお水は、汚れや洗顔料が落ちにくいです。逆に、暑いお湯は必用な皮脂まで落とし、乾燥を招きます。お肌に刺激とならずにしっかりと汚れを落とすためには、ほんのりと温かく感じるぬるま湯が一番です。目安としては、35度前後のお湯になります。

まとめ

お肌のくすみは美白の大敵です。ごわごわとしていて、汚れがたまった肌はトーンが暗く見えがちです。そんな、お肌のクスミがたまったお肌に悩んでいるのでしたら、スキンケアを見直すのと同時に、洗顔のやり方を変えてみてください。洗顔は、モチモチ泡を作ってしっかりと洗って、よごれを落とすようにぬるま湯できっちり洗い流せばしっかりとお肌のくすみが落ちていくのを実感できるはずです。

また、週に数回はピーリングでのスペシャルケアを取り入れて美肌作りに取り組んでいけば、肌が明るく若々しくなってくるはずです。透明感がアップすれば、見た目年齢がずいぶん違いますから、お肌のくすみを改善して、若々しさを取り戻したいですね。

おすすめのくすみ取り洗顔料

二十年ほいっぷ

二十年ほいっぷ

モンドセレクション金賞受賞の実力派洗顔料。くすみ対策のスタートはこの洗顔料から、といえるほど、くすみ悩みに対して効果があると評価の高い洗顔料です。