化粧水で美白ケア

洗顔後の美白ケア!化粧水がはたす3つの役割とは?


女性ならば、白い肌に憧れるという人が多いでしょう。一昔前は、黒い肌も流行りましたが、年齢を重ねたときのお肌を考えるとまだまだ若いと言われているうちから、美白ケアをするのがベターです。シミやシワなどと言ったトラブル肌は、積み重ねの美白ケアで予防することができます。ここでは、美白ケアにおける化粧水が果たす3つの役割についてみてみましょう。

美白ケアにおける化粧水が果たす3つの役割

保湿効果

美白ケアにおける化粧水の役割で一番根本的なのが、洗顔で失われた水分を保水することです。乾燥した肌に保水成分や保湿成分を与えることによってみずみずしい状態に整えていきます。

たとえば、ヒアルロン酸やプラセンタエキスなどは、美白効果に加えて、保湿作用が高い成分です。お肌に潤いを与えることで、トラブル肌を起こしにくい健やかな状態のお肌に整えることができると言えます。

美容成分を届ける

化粧水で大切なことは、美容成分を届けることです。美肌に必要な成分に加えて、美白に導くために必要な美容成分を届けます。たとえば、抗酸化作用があり美白作用が高いビタミンC誘導体は、チロシナーゼの抑制作用がありビタミンCをより吸収しやすくした成分になります。


また、アルブチン、エラグ酸、トラネキサム酸などは、はメラニン生成を抑制するので、美白やシミ対策にぴったりです。他にも、カモミラET、リノール酸、ルシノールなど。、酵素チロシナーゼの力を弱めて、ターンオーバーを活性化させる成分は色々あり、くすんだお肌を薄くして、余分な汚れを排出させる働きがあります。

美白と言っても、紫外線によるクスミが原因なのか、年齢肌によるシミ、若いうちのソバカスが原因なのかによって選ぶ成分が変わります。肌タイプに合わせて成分選びを慎重に行いたいですね。

簡単に美白ケアできる

化粧水は、すべてのスキンケアの前に行う、いわば基礎的なお手入れの一つになります。デイリーなお手入れとして、簡単に美白効果を得られるので何よりもとても簡単に美白効果を期待できます。
更に、スペシャルケアを行いたい場合には、シート状のマスクにお化粧水を染み込ませて使えば、より高い美白ケアを実感することができるはずです。美白ケアは、一日だけ、紫外線を浴びたときだけ等ではなく毎日持続してケアをすることがとても大切です。

その為、化粧水に美白効果が高い製品を選んでおけば、手軽に毎日美白ケアを積み重ねていくことができるでしょう。美白ケアにおける化粧水の役割はとても重大です。全てのスキンケアのベースとなるお化粧水なので、どのようなお化粧水を選ぶかという事はとても大切な事です。

また、化粧水は毎日使用するものですので、成分選び等がとても大切になります。美白ケアは、時々行うだけでは足りません。年齢を重ねたときに、どれだけトラブルが少ない肌でいられるかは、毎日しっかりと美白ケアを積み重ねてきたかが鍵になります。

 

この記事に関連する記事一覧

美白洗顔メニュー