洗顔料 毛穴黒ずみ

美白の敵【毛穴黒ずみ】を劇的に落とす洗顔方法

毛穴の汚れは、美白の大敵です。美白を目指したいのなら、毛穴の汚れをオフを考えましょう。実際に、小鼻の周りや、頬などに汚れがたまっているだけで、ごわごわとして、お肌がくすんで見えてしまいます。

毛穴の黒ずみは肌を汚く見せて肌のトーンが暗く見えます。しつこい毛穴の黒ずみを落とすためには、洗顔に気を付けるのが大切です。ここであ、毛穴汚れを落とすためのチェックポイントについてまとめてみました。

毛穴汚れを落とす洗顔方法

メイク汚れをキチンと落とす

美白効果のある化粧品を使う事は、美白ケアにとても大切ですが、何よりも先にメイクの汚れをキチンと落とさなければお肌の受け入れ態勢が整っているとは言えません。お肌の表面は、しっかりと洗顔をして綺麗にメイクや皮脂の汚れを落としましょう。ゴシゴシとこすらないでも、泡を作りやさしく包み込むようにするだけで、お肌の汚れがきちんと落ちます。

糖化に注意

毛穴の汚れで注意をしたいのは、糖化です。糖化とは、体内で退社しきれなかった糖質が黄褐色に変色してしまう事です。この糖化は真皮層に蓄積し、肌がくすんで見える原因となります。お肌の表面に糖化が出ていなくても、体内で糖化が進めば、肌のターンオーバーが低下し、内側から肌の潤いが失われます。

血行を良くする

洗顔の中で気を付行けたいのが血行を良くするという点です。血行が良い肌は、ピンク色で透明感があるのに対して、血行が悪い肌はどうしてもくすんで見えてしまいます。洗顔の時には、血行を良くするために優しく洗い上げることが大切です。デコルテから顔にかけてマッサージをして、血液のめぐりを良くするイメージを持ちましょう。洗顔の時や、洗顔後のスキンケアにリンパマッサージを加えるだけで随分肌の色が変わりますよ。

ピーリングを取り入れる

毛穴の汚れを落とすために、ゴシゴシと肌をこするのは良くありません。洗顔で肌をこすらないようにする代わりに、定期的にピーリングを取り入れてみましょう。1週間に2〜3回程度などピーリングを取り入れて、お肌のスペシャルケアをするといいです。小鼻の周りやあご、頬などを軽くこするようにしましょう。

ただし、洗顔と同じであまりゴシゴシと刺激を与え過ぎると逆効果になります。余計に毛穴が開いて黒ずみが目立つようになってしまうので、あくまでもスペシャルケアと言う感覚で、優しくピーリングを行いましょう。

まとめ

毛穴が目立つ時には、特に気を使った洗顔方法をしましょう。メイクの汚れをキチンと落として、肌の糖化が進まないように気を付けるべきです。血行が悪い人は、汚れがたまっていなくてもお肌が汚く見えがちです。お肌がくすんで、黒ずんで見えがちになります。

首回りやデコルテまで一緒に洗顔やスキンケアをして、血行を良くするように気を付けてみるだけで肌トーンがずいぶん変わります。定期的にピーリングを取り入れることで、余分な毛穴汚れが取れるだけではなく、血行不良が改善される相乗効果が狙えます。ピーリングで余計な汚れが落ちた肌は、美白化粧品の浸透が良くなります。定期的なピーリングは、美白効果にとても有効的ですのでぜひ取り入れていきましょう。