洗顔料 乾燥肌

美白の敵【乾燥】を防ぐクレンジング&洗顔の方法

お肌が白くて透明感あるお肌は女性のあこがれの的ではないでしょうか。しかし、お肌が乾燥しているとカサカサし美白とは無縁です。白くて綺麗な肌をつくるためには、乾燥肌を防がなければなりません。乾燥して角質が乱れて透明感が失われいたら、適度に保湿をして美白を作らなければなりません。ここでは、美白づくりのために大切な乾燥を防ぐクレンジングや洗顔方法にまとめてみました。

美白を作る乾燥対策の保水

洗顔後すぐに保水する

洗顔をしたら、すぐに保水するようにしましょう。顔を洗って、そのまま置いておくと、どんどんと水分が逃げてしまいます。洗顔をした後、お風呂から上がった後は、できるだけすぐに水分を補うのが大切です。乾燥すると角質層のキメが乱れてしまい、光と透過性が悪くなります。光の透過性が悪い状態は、お肌はくすんでみえ、美肌から遠ざかります。

クリームで蓋をする

折角補った水分も、そのままでは蒸発してしまいます。化粧水や美容液で肌を整えた後は、必ずクリームなどで蓋をするようにしましょう。油分を含むクリームなどで、なるだけ水分を逃がさないように蓋をして美白を作りましょう。

美白を作る洗顔

優しく洗う

美白を作るためには、ふっくらと優しく洗い上げましょう。洗顔ネットを使い、しっかり泡立てて 肌を優しく包みこむように洗うのが一番です。ゴシゴシと洗ってしまうと、角質層を傷つけてしまう原因になってしまいます。そーっと優しく、手が肌に触れてしまわないように洗いましょう。

低刺激タイプで洗う

洗顔は、低刺激タイプを選びましょう。出来るだけ刺激が少ない顔料を選ぶことで、肌の乾燥を防ぎ健やかな状態のお肌作りができます。洗顔後のツッパリが気になる場合には、敏感肌用のソープを使いましょう。

固形タイプの石鹸を選ぶ

低刺激タイプの洗顔には、固形タイプを選びましょう。逆に刺激が強いのはチューブタイプやボトルタイプです。チューブタイプやボトルタイプの洗顔料はついついと出し過ぎてしまいお肌に刺激がたまる結果になります。
必要以上の量を出すと、肌をゴシゴシとこすってしまいがちです。また、泡をしっかりと立てずに石鹸でゴシゴシとこすっていくと、お肌に刺激がたまってしまうケースが多くなります。

ぬるま湯で洗う

洗顔で使うお湯は、ぬるま湯が一番です。よごれを残さないように、優しくぬるま湯で洗うようにしましょう。熱過ぎるお湯は、お肌の乾燥を招く結果です。また、冷たすぎる水は、肌の汚れがきちんと落ちません。お肌に刺激が少ないぬるま湯で優しく洗い上げることがポイントとなります。

まとめ

乾燥肌でも、美白を作ることは難しくありません。洗顔方法や保湿ケアに気を配って、健やかなお肌を作りましょう。乾燥肌の場合には、まずは低刺激の洗顔を心がけることが大切です。ガサガサのお肌は、美白ケア製品がなかなか良く浸透しません。健やかなもっちり肌をつくるようにケアをしましょうね。