美容液で美白ケア

美白ケアにおける美容液が果たす2つの役割とは?


10代や20代前半のころは、何もしなくても肌の弾力や透明感があったのに、知らないうちにくすみがちな肌が目立ってくると思う事ありますよね。まだまだ若いと思っていても、若い人と並ぶとそうでもないことに気が付くと自分ではわかっていても凹んでしまうという経験がないでしょうか。

美白ケアを本格的にしたいのでしたら、「美容液」を使うべきです。化粧水、乳液、クリームなどの普段のケアに加えてしっかりと美容液を使ってあげることで、お肌がすっかりと綺麗になることがあります。ここでは、美白ケアにおける美容液が果たす役割は何か、2つの効果についてまとめてみました。

美白ケアにおける美容液が果たす2つの役割

メラニンの生成を阻害する

美白ケアで美容液に期待できる効果がメラニンの生成過程を阻害する役割です。これからできる肌のトラブルを阻害することができ、長い目で見たときの美白を作り出してくれます。
たとえば、「アルブチン」「エラグ酸」「ルシノール」「カモミラET」「リノール酸」「トラネキサム酸」「コウジ酸」「プラセンタエキス」等が美白効果が高く、美容液に良く含まれます。

できたメラニンを薄くする

美白ケアで大切なのは、予防も勿論のことですが、今見えているくすみやシミもどうにかしたいと思うはずです。その為には、メラニンの生成を阻害する効果に加えて今あるメラニン色素を薄くする成分が必要になります。

この役割を果たす成分として代表的なのが、「ビタミンC誘導体」と「ハイドロきノン」です。ビタミンC誘導体は、ビタミンCを誘導体にすることによってより浸透しやすく、安定化させたものです。メラニンが生成されるプロセスを阻害し、メラニン色素を薄くするダブルの作用に優れている為美白化粧水に良く使われます。しかし、刺激が強く、乾燥を招くので注意が必要な成分です。

「ハイドロキノン」は、肌のくすみやシミの原因となるチロシナーゼの活性化を阻害し、メラニンを薄くする作用があります。お肌の漂白剤と呼ばれるくらいの高い美白効果で、美白用の美容液によく選ばれる成分と成っています。ただし、以前は皮膚科での処方のみの取り扱いになっていたほど刺激が強く安定性が悪い成分になっています。

年齢肌が気になりだすと、透明感がなくなるのはよくあることです。美白美容液を使って、予防と漂白・還元の2種類のケアをすることができます。ただし、美白化粧品は刺激が強く、お肌に合わないという人も少なくありません。特に、年齢肌が気になりだしたころは、今迄の肌質から変化が生じてこれまで大丈夫だったお化粧品も突如合わなくなることも少なくありません。

使用するときには、成分もしっかりと確認したうえで、パッチテストを行ってから美容液を使用しましょう。美容液は、目元や口元のピンポイントに、それも一度にたっぷりと塗ると肌のコンディションが崩れてしまう可能性があります。刺激が強ければ、肌があれてしまい、刺激を感じることもあるでしょう。
特に美容液は、化粧水や乳液等に比べると濃度が濃く刺激が強めになっている可能性が高いです。注意したうえで、正しく使用して、美白ケアに勤めましょうね。

 

この記事に関連する記事一覧

美白洗顔メニュー